お問い合わせ
難症例に対応できるインプラント治療

フラップレスインプラント
(無切開・無剥離・無縫合)

フラップレスインプラント(歯茎を切らないインプラント)コンピュータガイド手術

フラップレスインプラント
インプラント治療に興味はあるけれど、大量の出血や歯肉を切ることには抵抗がある、という方はいらっしゃいませんか?インプラントのデメリットの一つに「手術が必要」ということがありますが、最近ではこの手術の負担を減らすことを目的とした、メスで切らないインプラント治療法=フラップレス・インプラント埋入というものがあります。

フラップレス手術とは?

傷口が最小限、スピーディで快適なインプラント手術を

フラップレスインプラント

フラップレス手術では、通常のインプラントと違い、歯肉の切開・剥離をせずに専用のパンチやレーザーで歯肉に小さい穴を開け、そこからインプラントを埋入します。

当然、メスで切開をしないので、腫れや痛み、出血も非常に少なく、手術の時間や治療期間が短く済むのが特徴です。また、レーザーには組織や血管の活性化を促進し、治癒力を高める効果があります。

フラップレス手術は、手術前の精密検査(CT撮影)によって顎骨の状態を正確に把握し、コンピュータシミュレーションによる診断で初めて可能となる最先端のインプラント治療法なのです。
※フラップ…インプラントを埋入する際に開く歯肉の部分

フラップレス手術の流れ

手術用テンプレートを用います

フラップレスインプラント

インプラントの手術前にCT撮影を行い、コンピュータ上でインプラント治療計画を立て、安全に手術を行うための手術用テンプレート(=サージカルガイド)というマウスピース状のものを作製します。

まず、手術用テンプレートを患者様の歯茎に装着し、ガイド(穴)に沿って小さな穴を開け、骨を削り、そのままインプラントを埋入していきます。骨の状態が良く、インプラントが骨にしっかり固定されるようであれば、手術当日に仮歯を装着することも可能です。

フラップレスインプラントは、ドリルに必要な最低限の小さな穴を歯茎に開けるだけなので傷が最小限で済み、痛みや腫れ、出血はほとんどありません。

フラップレスインプラント
【従来の一般的なインプラント手術の場合】
通常のインプラント埋入手術では、歯茎を大きく切開して顎(あご)の骨を露出させてドリルで穴を開けてゆきます。 その為、切開、剥離、縫合といった多くのステップが必要となり、手術時間がその分長くかかります。
また、フラップレスインプラントに比べて、傷口が大きいので、手術後の出血も多めですし、痛んだり腫れたりといった症状が出やすくなります。

フラップレスインプラントのメリット・デメリット

メリット

1.痛みや腫れ、出血が最小限

フラップレスインプラントでは、歯茎を切る必要がありませんので、通常の手術法とは違って他の粘膜や組織に傷をつけることがありません。つまり手術の傷口を最小限にしてインプラント手術を行うことができるので、痛みや腫れ、出血を最小限に抑えることができます。通常のインプラント手術ではリスクのある基礎疾患をお持ちの方でも、フラップレスインプラントならば安全に手術を行うことができます。

2.早い

フラップレスインプラントは、通常のインプラント手術で必要となる、切開、剥離、縫合というようなステップを行う必要がありません。それゆえ、手術時間が短くてすみますので、お体の負担を最小限に抑えることができます。また、それだけでなく、従来の治療においては必要であった細かい治療工程が必要なくなるため、来院していただく回数も最小限で済み、結果的に治療期間も少なくてすみます。

3.安全

従来のインプラント治療でも、CT撮影を行うようになったことで、より確実な診断ができるようになり、昔に比べて安全・確実な治療ができるようになりました。ですが、やはり実際に行うと計画した位置よりもズレが生じてしまうことがあります。
フラップレスインプラントでは、手術用テンプレートというものを使用します。このテンプレートを使用することにより、このようなズレを防止し、計画した場所に確実にインプラントが埋め込まれるようになります。

4.すぐに噛める

従来のインプラント治療の場合、インプラント埋入から骨に固定されるまで下顎で3ヶ月程度、上顎で6ヶ月程度の治癒期間を必要とし、その間はその部分に歯を入れて噛む、ということはできませんでした。ところがフラップレスインプラントの場合、しっかりと固定されれば、手術をしたその日から仮歯を入れ、噛むことも可能です。

デメリット

1.費用が高くなる

手術用テンプレートなど、特殊な装置などが必要になることもあり、治療費は通常のインプラント治療よりも高くなります。

2.適用できないケースがある

フラップレスインプラントは、歯肉と骨の状態によっては適用できないことがあります。

3.施術を受けられる歯科医院が限られている

フラップレスインプラントの手術では、歯茎を開かないので、実際に骨を見ることができません。そのため、顎の骨の状態を術者がきちんと把握できる豊富な経験が必要です。また、インプラントを埋め込む深さや方向をうまくコントロールするために、高い技術というのも必要となってきますし、専用の機械や設備というのも必要になってきます。そのため、治療を受けられる歯科医院はそれほど多くありません。

4.途中で通常の切開手術に切り替えることがある

手術前のシミュレーションと実際の状態に大きな違いがある場合、安全性のために通常の切開手術に切りかえざるを得ない場合があります。

クリニックにご来院いただいて行うインプラント相談受付中

わからないことはどんなことでも、お気軽にお聞きください。
ひとつひとつ丁寧にお答え致します。
インプラント治療にご興味があって相談いただいた方に、インプラント書籍を差し上げております!※限定冊数に達し次第終了
MENU診療案内
  1. インプラント
  2. 予防歯科
  3. 歯周病
  4. インビザライン®
  5. 矯正歯科
  6. 審美歯科
歯科コラム
医院からのお知らせ
当院へのお問い合わせ
インプラント治療について不安がある方、 わからないことなどお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ
093-923-1182
【月~金】午前 9:00-12:30  午後 13:30-17:00
【土】  午前 9:00-12:30  午後 自費診療のみ
土曜午後の自費診療は事前予約制。休診日 / 日・祝

^