お問い合わせ
難症例に対応できるインプラント治療

ショートインプラント

骨の高さが十分でない症例においても、安心してインプラント埋入できます

骨を増やす手術を行わずにインプラント治療ができる可能性があります

ショートインプラント

インプラントを希望していても、骨の量が足りずにインプラント手術を断られてしまった、もしくは骨を増やす手術で多額の費用がかかると言われてしまった、という方は珍しくありません。ですが、そのような方でもショートインプラント(短いインプラント)を使用することで、骨を増やす手術を行わずにインプラント治療ができる可能性があります。

ショートインプラントとは

ショートインプラントとは

従来までの一般的なインプラントの長さは8.5~16mmぐらいです。ですが、近年では、インプラント体のデザインや表面性状の改良により骨との結合力がアップしており、不必要な長さのインプラントの使用は避けられる傾向にあります。

最近では6~7mm以下の長さのインプラントでも問題ないという‘ショートインプラント’という概念がでてきました。文献からの報告が増えるにつれて、各メーカーから6~7mmの長さのインプラントの開発が進んでいます。

短くても予後が良好なショートインプラント

統計によれば、10mmのインプラントの5年持っている割合は95%、7mmのインプラントが5年持っている割合は94%という結果が出ています。すなわち、短いインプラントでも長いインプラントに比べてほとんど差がないということが言えます。

インプラントがいったん骨と完全に結合したら、インプラントの長さは予後に関係ないと言われています。インプラントは研究・改良が常に進められており、現在のインプラントはかつてのものに比べて表面性状や構造がかなり良くなっているので、ショートインプラントの予後もかなり良いと考えられています。

骨造成を回避できる!ショートインプラント

インプラントをするのに骨が十分でない場合にインプラントを可能にする手段として「骨造成法」というものがあります。これは、骨を移植して骨を増やしたり、再生させたりする治療法のことです。

骨造成手術を行う場合、通常のインプラント手術の治療期間にさらに数ヶ月の期間が余計にかかります。また、手術回数もその分増えますので身体的負担が増え、そして費用もその分かさむことになります。

骨が少ない部分であっても、ショートインプラントを使用することで、このような余分な手術を避けることができ、治療期間、ストレス、身体の負担、費用を減らすことができるのはとても画期的なことです。

ショートインプラントのメリット・デメリット

メリット

骨造成手術を避けることができる

骨が少ない場所でも骨を増やす手術を行うことなくインプラントを埋めることができるので、お身体に余計な負担をかけず、治療期間を延ばすことなく、余計な費用負担をかけずにインプラント治療を行うことができます。

大事な血管、神経、組織を傷つけるリスクが減る

顎の骨の中には大事な神経や血管などの組織、そして上顎洞などの器官が存在しています。インプラントを行う際には、当然そのようなものを避ける必要がありますが、ショートインプラントの場合、大事な組織や器官を損傷するリスクが低くなります。

デメリット

適用できない場合がある

骨の量があまりにもない場合にはショートインプラントでも行えない場合があります。

クリニックにご来院いただいて行うインプラント相談受付中

わからないことはどんなことでも、お気軽にお聞きください。
ひとつひとつ丁寧にお答え致します。
インプラント治療にご興味があって相談いただいた方に、インプラント書籍を差し上げております!※限定冊数に達し次第終了
MENU診療案内
  1. インプラント
  2. 予防歯科
  3. 歯周病
  4. インビザライン®
  5. 矯正歯科
  6. 審美歯科
歯科コラム
医院からのお知らせ
当院へのお問い合わせ
インプラント治療について不安がある方、 わからないことなどお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ
093-923-1182
【月~金】午前 9:00-12:30  午後 13:30-17:00
【土】  午前 9:00-12:30  午後 自費診療のみ
土曜午後の自費診療は事前予約制。休診日 / 日・祝

^