お問い合わせ
難症例に対応できるインプラント治療

抜歯即時埋入インプラント

抜歯と同時にインプラントを埋め込む方法で負担を軽く、早く噛める!

抜歯即時埋入インプラントとは

抜歯即時埋入インプラント

抜歯即時埋入インプラントとは、文字通り「抜歯をしてすぐにインプラントを埋め込む」インプラントのことです。一般的には、抜歯をした後に数ヶ月ほど置き、骨の治りを十分に待ってからインプラントを行います。ですが条件によって、安全性に問題ないケースにおいては、抜歯をした直後にインプラントを埋め込むということが可能です。抜歯後すぐにインプラントを行うことで、早く歯を入れることができたり、手術の負担を軽くできたり、など患者様にとって大きなメリットがあります。

かつては難しいテクニックとされてきましたが、近年、インプラント製品の改良、そしてインプラント技術の向上により、治療の確実性が高まりました。とは言え、高度なテクニックを必要とするため、どこの歯科医院でも行っているわけではありません。当院では、安全性に問題がない場合には積極的に抜歯即時埋入インプラントを行っています。

【抜歯即時埋入インプラントの条件】
  1. インプラントを埋めるための十分な骨があること
  2. 周囲の歯が歯周病にかかっていないこと
  3. 噛み合わせのバランスが整っていること
  4. 過度の歯ぎしりや食いしばりがないこと
  5. タバコを吸わないこと

抜歯即時埋入のメリット・デメリット

メリット

1.治療期間が短い

通常、抜歯後に骨が治るのを数ヶ月待つところを、すぐに行うため、治療期間が半分くらいで済みます。

2.手術が一回で済む

抜歯即時埋入では、麻酔が効いているうちに抜歯とインプラントの埋め込みを同時に行うため、精神的な負担、お身体の負担、通院日数が約半分で済みます。

3.傷の治りが早い

抜歯した後は体の治癒機構が活発に働くため、傷口の治りが早くなります。

4.見た目の仕上がりが良い

抜いた時の歯茎の形が維持されるため、特に前歯の場合など見える位置の場合、見た目の仕上がりが自然で審美的になります。

5.骨が痩せにくい

抜歯後、骨が痩せる前にインプラントを埋めることにより、骨が減るのを防いでくれます。

デメリット

1.適用できない場合がある

骨が足りない場合、周囲の歯が歯周病にかかっている場合、喫煙者の場合などには、手術がうまくいかないリスクが高いため、適用できないことがあります。

2.すべての歯科医院で受けられるわけではない

高度なテクニックが要求されるため、治療が受けられる歯科医院が限られています。

抜歯即時埋入インプラントの治療の流れ

抜歯即時埋入インプラントの治療の流れ
1.抜歯
歯茎に麻酔をし、歯を抜きます。

抜歯即時埋入インプラントの治療の流れ
2.インプラントを埋め入れる
抜歯後すぐに、抜歯してできた穴の形を整え、その部分にインプラントを埋め入れます。

抜歯即時埋入インプラントの治療の流れ
3.周囲に人工骨を入れる
抜歯をした穴とインプラント体の隙間に人工の骨を入れ、歯茎を閉じます。場合によっては、仮歯を装着することもできます。

抜歯即時埋入インプラントの治療の流れ
4.被せ物の装着
3〜6ヶ月後、インプラントと骨がしっかりとくっついたのを確認し、被せ物を装着して治療は完了です。

以上が、抜歯即時埋入インプラントの大まかな流れです。患者様のお口の状況によって多少手順が変わることがあります。インプラントを長く良い状態で持たせられるためには、インプラント治療が終わった後に定期的なメインテナンスが必要です。

クリニックにご来院いただいて行うインプラント相談受付中

わからないことはどんなことでも、お気軽にお聞きください。
ひとつひとつ丁寧にお答え致します。
インプラント治療にご興味があって相談いただいた方に、インプラント書籍を差し上げております!※限定冊数に達し次第終了
MENU診療案内
  1. インプラント
  2. 予防歯科
  3. 歯周病
  4. インビザライン®
  5. 矯正歯科
  6. 審美歯科
歯科コラム
医院からのお知らせ
当院へのお問い合わせ
インプラント治療について不安がある方、 わからないことなどお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ
093-923-1182
【月~金】午前 9:00-12:30  午後 13:30-17:00
【土】  午前 9:00-12:30
休診日 / 日・祝

^