ゴールドの良さ
2013年03月7日 (木)

今日はスタッフの要請でクラウンやインレーの説明表を作製しました。先日インプラントで30年経過のお話をしましたが、実はゴールドインレーやゴールドクラウンもかなり長期の経過症例30年とか40年とかざらにお見かけします。それに引き換え保険の銀歯、見た事ないですねー、やはり品質、適合の問題でしょう?保険の銀歯よりはひょっとしたらアマルガムの方が持つかもしれませんね。

私にもこの保険の銀歯が1本あるのですが、形が複雑ではないのと勤務医時代の先輩歯科医がとても上手だったので長持ちしています。当時は働き始めで貧乏でしたのでゴールドを入れることを諦めました。あと、ゴールドが5本入っていますがもうすぐ20年経ちますがびくともしません。というのは嘘で10年くらい前に1回だけ脱離したのをそのまま付け直した経験があります。あとは本当に2次カリエスになることもなく、つくづくゴールドにしてよかったと感じています。このいぶし銀(金?)のような活躍をみせるゴールド、是非試してもらいたいのですが、如何せん金色ですからそれだけでアウト!という場合も決して少なくありません。ですので基本的にはあまり、いや、ほとんど見えないところのみに適用することになります。でも、本当にいいので何かの機会に奥歯の金属をやりかえたりする時はぜひゴールドにしてみて下さい。
ちなみにこれ、私の歯です。今気づきましたがえらい汚れてますねー、ちょい恥ずかしいです。