インプラント最新治療
フラップレス
フラップレスインプラント(歯茎を切らないインプラント) コンピュータガイド手術
フラップレスインプラント

インプラント治療に興味はあるけれど、大量の出血や歯肉を切ることには抵抗がある、という方はいらっしゃいませんか?
インプラントのデメリットの一つに「手術が必要」ということがありますが、最近ではこの手術の負担を減らすことを目的とした、メスで切らないインプラント治療法=「フラップレス・インプラント埋入」というものがあります。

フラップレス手術とは?
通常のインプラントと違い、歯肉の切開・剥離をせず、パンチのようなもので歯肉に小さい穴を開け、そこからインプラントを埋入します。

当然、切開をしないので腫れや痛みも非常に少なく、手術の時間や治療期間が短く済むのが特徴です。また、レーザーには組織や血管の活性化を促進し、治癒力を高める効果があります。
フラップレス手術は、術前の精密検査(CT撮影)によって顎骨の状態を正確に把握し、コンピュータシュミレーションによる診断で可能となる最先端のインプラント治療法なのです。
※フラップ…インプラントを埋入する際に開く歯肉の部分

フラップレステクニック
フラップレステクニック
インプラントの手術前にCT撮影を行い、コンピュータ上でインプラント治療計画を立て、安全に手術を行うための手術用テンプレートを作製します。
まず、手術用テンプレートを患者様の歯茎に装着し、ガイドに沿って小さな穴を開け、骨を削り、そのままインプラントを埋入していきます。骨の状態が良く、初期固定がしっかりしていれば、手術当日に 仮歯を装着することも可能です。
フラップレスインプラントは、ドリルに必要な最低限の小さな穴を歯ぐきに開けるだけなので傷が小さく、痛みや腫れはほとんどありません。
通常のインプラント手術
通常のインプラント手術
通常のインプラント埋入手術では、歯茎を切開して顎(あご)の骨を露出させてドリルで穴を開けてゆきます。 その為、縫合が必要となり、傷が治るまでは次のステップに進むことができません。
また、フラップレス インプラントに比べて、痛んだり腫れやすくなります。

初診の患者様へ

患者様が選んだおすすめ医院ランキング全国第5位

患者様が選んだおすすめ医院ランキング福岡県第1位

インプラントネットから上顎洞挙上術に関する取材を受けました。

歯科衛生士・歯科助手を募集中 院内デジタル化に伴い歯科技工士を募集中

インプラントに関するお問い合わせ
カウンセリングのお申込み

インプラント治療について不安がある方、
わからないことなどお気軽にご相談ください。

093-923-1182

【月~金】午前 9:00-12:30  午後 13:30-17:00
【土】  午前 9:00-12:30  午後 自費診療のみ
土曜午後の自費診療は事前予約制。休診日 / 日・祝

WEBフォームから
^