インプラント最新治療
ショートインプラント
骨の高さが十分でない症例においても、安心してインプラント埋入できます。
ショートインプラントとは

現在、一般的なインプラントの長さは8.5~16mmぐらいの範囲に収束されています。そして、インプラント体のデザインや表面性状の改良により骨との結合力がアップし、不必要な長さのインプラントの使用は避けられる傾向にあります。さらに最近では6~7mm以下の長さのインプラントでも問題ないという‘ショートインプラント’という概念がでてきました。文献からの報告が増えるにつれて、各メーカーから6~7mmの長さのインプラントの開発が進んでいます。下図は‘ショートインプラント’が有効な適応部位を示します。例えば、上顎臼歯部においてはサイナスリフトなどの骨移植が避けられるといったようなメリットが生まれます。

骨造成を回避

[通常のインプラント]
サイナスリフトやソケットリフトをしないと上顎洞(サイナス)に貫通しインプラント不可。

[ショートインプラント]
ショートインプラントならソケットリフト等の処置無く治療が可能。定着も良い。

インプラントに関するお問い合わせ
カウンセリングのお申込み

インプラント治療について不安がある方、
わからないことなどお気軽にご相談ください。

093-923-1182

【月~金】午前 9:00-12:30  午後 13:30-17:00
【土】  午前 9:00-12:30  午後 自費診療のみ
土曜午後の自費診療は事前予約制。休診日 / 日・祝

WEBフォームから
^