その日に噛める!帰れる!魅力いっぱいの「オールオン4治療」
2018年04月20日 (金)
その日に噛める!帰れる!魅力いっぱいの「オールオン4治療」

失った歯を人工歯に置き換える方法の一つである「インプラント」には、さまざまな方法があります。その一つに「オールオン4」という治療法があるのですが、これは「手術したその日のうちに噛める」という大きな魅力があります。そこで、即日で噛めるオールオン4の特徴や魅力について解説します。

インプラントとは?オールオン4とは?

まずは、インプラントとオールオン4の基本的なことについて解説します。インプラントは人工歯で補う治療法の一つで、チタン製のパーツを顎骨に埋め込んで人工歯を固定するという方法をとります。人工歯の土台が顎骨と固定されているため、しっかりと人工歯を固定できて食事などで違和感を感じにくくなります。
オールオン4は、その治療法の一つです。通常は人工歯1本ずつインプラントで固定するので、例えば総入れ歯を全てインプラントに置き換える場合は相当な本数のインプラントを埋め込む必要があります。インプラントは歯医者で手術を必要とするので、全ての歯をインプラント手術するとなれば相当な負担になります
オールオン4は、上下片方の全ての人工歯を4~6本のインプラントで固定してしまう方法です。人工歯と人工の歯茎のようなパーツが一体化した上部構造物を、4本のインプラントで固定してしまうため、オールオン4と呼ばれます。1本ずつ全てインプラント手術を受けるのに対して手術の負担が少ないのが魅力です。
また、インプラントならではの「食事などで違和感を感じにくい」という点は、総入れ歯を利用していて不満を感じている人にお勧めです。全ての歯を、少ない手術負担でインプラントに置き換えることができるため、手術に抵抗を感じる人でも利用しやすいと言えます。

即日で仮歯を装着できるオールオン4治療の流れ
即日で仮歯を装着できるオールオン4治療の流れ

オールオン4で、手術を受けたその日から物を噛めるのは、即日で「仮歯」を装着できるからです。最終的な上部構造物は後日ということになりますが、仮歯でも食べ物を噛むことはできます。その治療の大まかな流れについて解説します。
まずは検査を行います。レントゲン撮影によって顎骨などの状態をしっかりと確認し、オールオン4治療の利用可否の判断や治療計画を立てるのに役立てます。また検査では口の中の型取りやかみ合わせの確認を行い、仮歯の制作をします。
次に、歯茎を切開してインプラントを埋め込みます。麻酔を使用するので痛みは感じませんが、手術自体に不安を感じるなど問題があれば「静脈内鎮静法」という方法でリラックスして手術を受けることもできます。なお、歯が残っている場合は抜歯も行います。
手術が完了したら、しばらく休憩をとります。その後、口の中の状態などを確認し、問題なければ制作しておいた仮歯を装着できます。手術後しばらくは食事内容に注意する必要がありますが、問題ない食事内容であればその日からインプラントの歯で噛んで食事を楽しむことができます。
インプラント手術からしばらくしたら、仮歯に代わるしっかりとした上部構造物と交換します。その後は定期的に歯医者で検査を受けて、インプラントや骨に問題がないかチェックしてもらってください。きちんと管理できれば、何十年でもしっかり噛めるオールオン4を維持できます。

オールオン4はこんな人にオススメ!

オールオン4をお勧めできるのは、やはり「総入れ歯の人」でしょう。総入れ歯の場合だと安定感が弱く、食事などで違和感を感じたり意図せず外れてしまうこともあります。特に「外れてしまうことに不安を覚える」という場合には、しっかりと固定できるオールオン4はお勧めです。全てが天然歯の状態に近い感覚で会話や食事を楽しめるので、食事中に違和感を感じたり、外れてしまうのではないかという不安に怯える必要がなくなります。
また、オールオン4は上下どちらか一方だけという方法も利用できます。例えば上の歯が数本しか無いという場合、その数本を抜歯してオールオン4治療を受けることができます。天然歯を失ってしまうというデメリットはありますが、他全ての歯を補うことができるのでメリットは大きいです。さらに、インプラントを埋め込む本数が人工歯の本数に対して少ないため、インプラントの治療費を抑えたいという場合にもお勧めといえます。
もちろん、オールオン4を利用するにあたっては注意しなければならないことも少なくありません。中でも特に注意したいのは「インプラント周囲炎」のリスクです。インプラントは人工物なので、虫歯や歯周病によって破損してしまうことはありません。しかし、インプラントを支えている骨は、歯周病のリスクに脅かされることになります。歯周病が進行してインプラント周囲の骨が溶かされてしまうと、インプラントの固定が弱まってしまいます。最終的にはインプラントが抜け落ちてしまう可能性もありますので、念入りなケアが必要になります。また、状態の確認のために定期的に歯医者でメンテナンスを受ける必要もありますので、そうしたケアやメンテナンスがきちんとできる人でないと、オールオン4はお勧めできないかもしれません。

オールオン4について詳しく見る