「オールオン4」治療にかかる時間はどれくらい?手術は大掛かりなの?
2017年09月30日 (土)
「オールオン4」治療にかかる時間はどれくらい?手術は大掛かりなの?

オールオン4は、インプラントのいいところとブリッジのいいところが合わさっている治療法です。オールオン4をする前に気になるのは、外科手術をしなければいけないというところかもしれなせん。手術と聞くと不安や心配なことが多いですが、いくつか疑問をリストアップして一つ一つ答えをみてみましょう。

手術時間はどれくらい?

手術の時間は人によるので一概には言い切れませんが、最近は技術の進歩で大幅に手術時間を縮ませることに成功しています。手術前の診断をする段階で、どの角度にインプラントを埋めるのかというのを設計しその方向に埋めることができるような型を製作しておきます。手術当日は型通りの方向にインプラントを埋めていけば設計通りに埋めることができるのです。この技術の発展で手術時間は1時間~2時間程度になりました。さらに、患者さんも長時間口を開いている必要がなくなったので、負担軽減にもつながっています。

手術の後すぐ動いていいの?
手術の後すぐ動いていいの?

手術のときは、歯茎を切って骨の中へインプラントを埋める作業を行うので出血しています。患者さんによって違いがありますが、止血が確認できてからでないと動けないと思っていてください。さらに手術の後は麻酔が切れると痛みを伴うことがあります。通常抜歯や虫歯治療で使われる局所麻酔薬は、2時間~3時間ほどで麻酔が切れてしまいます。痛み止めを飲んでも効果には個人差があるので、手術直後に動くことはお勧めできません。血の流れが良くなるとせっかく止血した傷口から血が流れ出てくることがあるので注意が必要です。

どのくらい大掛かりな手術なの?

オールオン4で主に使用される手術方法は局所麻酔法や静脈内鎮静法です。手術といえば全身麻酔をイメージする人がいますが、オールオン4では逆に全身麻酔は使用されません。オールオン4は歯科手術の中では比較的小手術に分類されます。小手術は基本的に局所麻酔と静脈内鎮静法で行われます。なぜなら手術中には血が出ることもあり、誤嚥の心配や患者さんの意識がある中で手術を行うことがベストだからです。静脈内鎮静は眠っているかのような状態にすることができるので、患者さんの意識がある中で不安感を取り除いて手術を行うことができます。
虫歯治療などの通常の歯科治療に比べれば大掛かりにはなりますが、全身麻酔をする際に必要な麻酔専門の歯医者さんを呼ぶ必要もなく、数時間で終了するので大掛かりな手術にはなりません。