インプラントは絶対に虫歯ができないってホント?!
2017年07月20日 (木)
インプラントは絶対に虫歯ができないってホント?!

歯のトラブルの中で一番多いのが「虫歯」です。
インプラント治療を検討中の人の中には「インプラントは一生虫歯にならないから、一度手術をしてしまえば楽だと聞いた」「虫歯治療が面倒だから、インプラントを考えている」という人も多いです。
果たして、インプラントは虫歯にならないというのは、本当なのでしょうか?

インプラントは虫歯にならないの?

インプラントの歯それ自体は、絶対に虫歯になることはありません。だからと言って、歯磨きをしなくて良い、適当にすませば良いというわけでもありません。
インプラントは虫歯にはなりませんが、歯と歯茎の病気である「歯周病」にはなる可能性があります。歯周病は歯と歯茎の間の歯周ポケットと呼ばれる溝に、汚れや食べ物のカスが詰まって炎症を起こしてしまう、歯と歯茎の病気です。
歯医者さん曰く、歯周病は決して甘く見てはいけない歯の病気だそうです。
最初のうちは、歯磨きをしたときに血がにじむなどの軽めの症状ですが、ひどくなってくると歯茎が紫色や黒色に変化して、痛みが生じてしまったり、歯がぐらぐらしてしまうことも少なくありません。
歯周病が最悪の状態になってしまうと、歯が抜けてしまうこともあります。ですから、インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病の危険性があることをお忘れなく。

インプラント中の人は歯周病ケアを丁寧に
インプラント中の人は歯周病ケアを丁寧に

そこで、できるだけ歯周病にならないように、日々のオーラルケアに気を付けていくことが大切です。インプラントが虫歯にならないからと言って、歯磨きをしなくても良いということにはなりません。
むしろ、「インプラント歯周炎」という症状を引き起こすリスクが上がるので、今までよりも丁寧に歯磨きをすることが求められます。
歯周病を引き起こさないためには、歯ブラシだけではなく、歯と歯の間の歯垢や汚れを落とす「デンタルフロス」の利用をオススメします。歯ブラシでは届かない部分までしっかりと届き、汚れや歯垢を落とすことができるので、歯周病予防に効果的です。正しい方法を知りたい場合は、歯医者さんに相談すれば教えてくれます。

インプラント歯周炎だって歯が抜ける

インプラントは虫歯になって歯を抜くことはありません。しかし、歯周炎が悪化してインプラントの歯が抜けて落ちてしまう可能性はあります。
そのような状態になってしまうと、二度とインプラントが出来なくなりますので、注意が必要です。インプラントができない状態になるということは、一生歯を失った状態になるということを理解しておきましょう。

インプラントについて詳しく見る