他院からの相談
2018年01月30日 (火)

 最近すでにインプラントが入っており、転居や医院の閉鎖のため次の治療が受けられないケースが目立ちます。

 自院の使用インプラントと同じメーカーならメンテナンスを含めて引き継ぎするのですが、どこのメーカーかわからないのであれば、器具も互換性があるかわからないので引き継ぎをお断りすることもあります。

当院ではかなり以前からペイシェントカードを作成し、もし転居されたり、高齢で通院が困難になり近医へ受診を希望される場合にこのカードを持って行ってもらいます。そうすると何かおきた時にはすぐに対処できるからです。

自分がどういう治療をされたか覚えておくのは大変ですし、10年も経つと忘れてしまうのでこういうカードはありがたいです。