前歯GBR後のインプラント手術
2013年06月3日 (月)

本日は高齢のため、自家骨は使用せず他家骨(Bi-Oss)のみで骨造成(GBR法)を行った患者さんのインプラント埋入術でした。もちろんガイド使用です。

前歯部1本ケースは埋入位置が0.5㎜ずれても大事になります。ガイド手術だからといってフラップレスでは行いません。必ず骨の出来具合を確認し、パーフェクトな位置に入れないとあとでいくら頑張ってもよい結果は得られずしっぺ返しを食います。1本といえども侮れません。
でも、ちゃんとすると天然歯に負けないくらいにキレイに仕上げることもできます。
img_182277_66650457_0