インプラント中期経過症例(オールオン4)
2013年03月6日 (水)

上顎オールオン4は現在はほとんどのケースで6本以上の埋入で行っていますが初期の頃は4本でやっていました。今のところ(といっても5~6年経過なのですが)、1本のロストもなく経過は順調です。写真の患者さんは当院にて上顎オールオン4を1番最初に行った方です。もう70歳くらいですがものすごく元気です。当時はノーベルガイドもなくかなり大きな外科処置のため結構腫れたことを僕は覚えていますが、彼女はもう忘れているようです。

しかしながら正直言って上顎4本のオールオン4は皆様にお勧めはしません。やっぱり手術もシビアですし日本人にはあまり向いていないと密かに思っています。だから今後も基本は6本ですることが多いと思います。今はノーベルガイドによるデジタルインプラントがあるので楽ですよ。