2017年08月3日 (木)

本日午後はインプラント2本で即時修復を行いました。即時修復といってもその日からなんでも食べていいわけではなく、実際には飾り、もしくはちょっとくらいなら噛んでも大丈夫な感じで仕上げます。でも形や色は綺麗ですよ。

あまり噛めないなら意味がないと思われるかもしれませんが、まず前歯とか見えるところなら即時修復は最高です。手術後にすぐに歯が入るわけですから日常生活も普通に過ごせます。また治療するところがいっぱいあると、どこか少しでも歯がある状態にしておくと、他の治療を円滑に進めやすいのも利点です。

今回は反対側のブリッジの治療を進めていきたいので敢えて歯を入れました。即時修復はかなりインプラントの経験がないと危ない治療でもあります。よく相談をした上で行ってください。

2017年07月28日 (金)

約1週間お休みをいただき、今日から仕事です。

まだ時差ぼけと体調が戻ってないので今週はのんびりと過ごし、来週からエンジン全開で行きたいと思います。

ドイツ(ベルリン)ではアーヘン大学の補綴科教授Prof.Stephan Wolfartのインプラント講義を受けました。写真は教授の著書ですがインプラントの上部構造の全てが書かれており、ベーシックな事柄が中心でこれからインプラントの勉強をするには最適かと思います。ただ、日本語訳がないのが残念。

ドイツは歯科医療の最先端をリードしており、そこは私の予想どおりCADCAMによるデジタル化が進んでいました。しかし人間の体を扱う訳ですから何でもデジタルではなく、アナログ的な手法とデジタルがうまく融合しているところがさすがドイツだと感じました。また行ってみたいです。

2017年07月21日 (金)

今日から一週間ですが、早めの夏休みを取らせていただきます。
福岡空港からヘルシンキ経由でベルリンに向かっています。今回はインプラントの補綴の勉強です。内容はまだよく分からないのですが、何か有益な物になればいいなと思います。
久々の海外でしかも1人旅。楽しんできます。

2017年07月14日 (金)

先月から新しいインプラントモーターを使用しております。以前のでもまだまだ使えたのですが、ノーベルバイオケアー社がKAVO社と業務提携しこの度、九州で最速で導入となりました。当院での使用インプラントは全てノーベルバイオケアー、尚且つオペの診療台はKAVO(ドイツ製)なので今までの器具と互換性もあるとのことで高かったんですけど、スペシャル価格にてゲットしました(笑)。

 はっきり言って器具なんて何でも同じだと思っていましたが、このモーター、今までのノーベルのモーターより、ブレも少なく、狙ったところにスーッと入っていく感じで、振動が少なく、患者さん負担も軽減されてるようです。

2017年04月17日 (月)

今月で開業10年を迎えました。当院は開業当初からオールオン4や即日インプラント、抜歯即時を積極的に行って来たので、それを希望する患者さまや同業者からの紹介が多く、皆様のおかげでこたに歯科クリニックが成り立っている事を痛切に感じる今日この頃です。

 遠いところではハワイ、メルボルン(もちろんそこに居住されておられる方々です)、京都の勤務医時代からの患者さん、全く面識のない歯科医の方も来られます。そして今日の手術の患者さんも大分県で開業の先生からのご紹介で山梨県から来られました。本当にありがたい事です。

 これらを可能にしている要因の一つに治療のデジタル化が挙げられます。CTの画像データがあれば安全なガイド手術を行うことができます。うまくいけば1回だけ来てもらいCTを撮影し、術前説明、同意書、手術、ということも可能です。

 まあ早ければ良いってもんではないですし、同業者の先生からの紹介であれば早さよりも正確性、と長期安定性が求められ、失敗は許されません。そんな状況でもガイド手術が威力を発揮します。

 開業当初から私が1日に担当する患者さまは10人に絞らせていただいておりますがこれからも今まで通りやっていきたいと思いますのでよろしくおねがいします。

1 / 3012345...102030...最後 »