2017年12月8日 (金)

今週は3回のオペがあり、一人目は大分から歯科医院からの紹介患者さんで上下4本、二人目は静脈内鎮静下で上顎洞挙上を含む2本、そして今日三人目はノーベルガイドによる上顎オールオン4即時荷重です。

今月はオールオン4が多い月ですがその中でも骨が薄く難しい手術になります。現在他の病気の闘病中の方ですが、病院で入院中(手術中)に入れ歯を取り外されるのが嫌だとの理由で固定式の歯を希望です。今回その手術が成功したのを機に決断されました。とても前向きな方で来院されるとなんか医院がパッと明るくなるような素敵なおばあちゃんです。まだまだ健康で長生きできるようにベストを尽くしたいと思います!

2017年11月7日 (火)

本日の手術は上顎に2本フラップレス、少しだけ上顎洞を挙上しました。手術時間は15分ほどで初期固定も問題なく3ヶ月ほどで噛めるようにする計画です。もちろんNobel Guideによるガイド手術だからこそできる方法です。

さて、インプラントどうしをつなげるか、それとも1本1本ではを作るか。たまに患者さんからも聞かれるし悩みどころでもあります。基本的には1本1本の方が見た目も綺麗に仕上がり、清掃性も良いのは間違いないと思います。
これはインプラント出なくても普通の歯の治療にも共通するところです。

では、連結か単独か?結論。

担当医に任せないといけません。

もし単独を希望なら術前の早い段階でその希望を伝えないといけません。どちらでもOKなケースもありますが、基本的に奥歯のインプラントは連結を基本に考えます。これはどこの歯科医院でもほぼ同じ見解だと思います。インプラントは縦の咬合力には強いのですが、横の力に弱いのが起因しています。今回は下は単独で入れましたが、上は連結します。

2017年09月20日 (水)

本日は午後から左右同時のサイナスリフト+下顎の歯列矯正を行いました。一人の患者さんです。ここまで1日でやったことはほとんどないのですが、患者さんにもよく頑張っていただき頭が上がりません。昨日は首を寝違えて動かなかったのですが、今日は体調もよく良い治療ができました。

2017年09月11日 (月)

ちょっと前のことですが、東京へスタッフと共に学会へ参加しました。2年に1回は必ずスタッフを連れて勉強に行き、世界のトレンドと新しい知見を肌で感じてもらいます。誰か一人に出張に行ってもらって後日報告という手もありますが、やはり同じ場所で見て、聞いて、体験し、こたに歯科クリニックの今後の方針のすり合わせをしておくと私が’これからはこうするよー’とか言わなくても伝わりやすく、何よりも刺激になると思うのです。

これからの方針としてはアバットメントの着脱回数を減らす工夫をすることがより良い予後につながるという指針が出たのでそれをいかに改良していくかが医院の課題です。早速今月の手術からその辺りを考えて一人一人の患者さんのミーティングを行っています。

2017年08月17日 (木)

7月末にドイツ研修で夏休みを取ったのでお盆やすみは仕事でした。
月曜~木曜まではインプラント+骨移植の難しい手術をゆっくりすることが出来ました。患者さんも夏休みでどこも行かれない方には逆にこの時期に手術をすることができて喜ばれました。

さすがに4日間連続でするとちょっと疲れが出ましたが明日金曜日は一般診療、土曜日はまた手術なのでまだまだ気が抜けません。しかし来週末はノーベルバイオケアーのシンポジウムが東京であるのでスタッフを連れて勉強。次の月曜日(28日)は休診、スタッフはディズニーランド。ホテルはミラコスタ宿泊。もちろん全額医院負担です。このご褒美があるからかわかりませんが、今週はよく働いてくれました。

今日の手術は上下インプラントでしたが、上顎はノーベルガイドでフラップレスの傾斜埋入。15分ほどで終わりました。

1 / 3112345...102030...最後 »